汗のメカニズム

汗をかいている女性

エステティックに携わって40年、エステ伝道師 清水收一が伝える<本物のエステティックを知って欲しい>

汗のメカニズム

大分、春がそこまで近づいて来たようです。

 

春から初夏に向けて、地上に届く赤外線、紫外線の量も増え、基礎代謝も上がり、汗や皮脂の分泌が活発になって来るシーズンです。

 

そこで、もう一度「汗腺」に付いて、詳しく解説したいと思います。

 

汗腺の特長

汗を分泌する汗腺には、エクリン腺(小汗腺)とアポクリン腺(大汗腺)の2つがあり、水分や体内の老廃物を排泄しています。

一日の発汗量は排尿量とほぼ等しく約1~1.5Lで、運動量や心理状況、味覚刺激などによって変動します。

 

エクリン腺からの汗は水分が殆どで感触的に“サラッ”としています。

もう一つのアポクリン腺から出る汗は、タンパク質や脂質が多く混ざっていて、匂いもあり、“ベタッ”とした感触感です。

 

 エクリン腺(小汗腺)アポクリン腺(大汗腺)
分布全身(口唇・陰部を除く)に約300万個。手掌、足底、額に多い。腋窩・乳暈・臍・外陰部・肛門など局所的
開口部皮膚表面毛包(皮脂腺の開口部より上方)
分泌一生涯思春期に活発化し、更年期に衰える。生理前後に多くなる
人種別:黒人>白人>東洋人
PH
酸性(3.8~5.6)弱酸性(6.2~6.9)
成分水(99%)
その他:ナトリウム:尿素など
タンパク質や脂質が多く、白濁色
支配副交感神経交感神経b
作用体温調節精神性発汗/体臭を生じる

 

発汗の種類 

  • 感知性発汗 :体感や肉眼で確認できる汗で、運動で増量する。
  • 不感知性発汗:水蒸気として蒸散する。
  • 精神性発汗 :興奮、緊張などの心理状態に関わる汗。
  • 温熱性発汗 :気温や体温に伴って出る体温調節のための汗。
  • 味覚性発汗 :辛い物や刺激性の強いものを食べた時に出る汗。

 

 

発汗の役割

汗は角質層の水分を保つと同時に、分泌された皮脂と混ざり合い「皮脂膜」を形成し、外からの刺激から肌を守ります。

また、発汗によって体温を一定に保ち腎臓の働きを助けます。

腋臭症の女性

「腋臭症」の女性

 発汗に伴うトラブル

アポクリン腺から出る汗には、タンパク質や脂質が含まれているという事をお話しました。

そのタンパク質や脂質などの有機酸にが、腋などに存在する「常在菌」によって分解され嫌な臭いを発することが有ります。

これが俗にいう「腋臭」です。

常に清潔に保つことが大切です。

消臭スプレーを使用する女性

また、運動不足やれいだんぼうを使いすぎる人の汗腺は機能が低下し、蒸散しにくいベタついた汗になり、より雑菌を繁殖させ匂いも強く成りますので気を付けましょう。

まとめ

皮膚科学における「汗腺」について詳しく記述致しました。

ご質問等は、下記までご連絡下さい。

エステティック総合商社 株式会社サンク
         代表取締役会長 清水收一

1982年、エステティックサロンのプロデュースとコンサルティング、商品の提供などを主な業務とするエステティック総合商社・株式会社サンクを設立。

『素晴らしくしようじゃないか、エステティック!』を合言葉に、エステティックの正しい理論や新しい技術の普及に努めると共に、オーナーのヴィジョン『夢』とサロンの魅力が詰まったオンリーワンサロン作りを目指し、エステサロンの企画から経営までトータルでサポートしています。

主な著書:最新レジャー産業開発・経営モデルプラン、女性向け・新レジャー事業(綜合ユニコム)、SOINESTHE、ESTHE NET(新美容出版)

ビューティーソムリエールエステティック理論編(サンク)

〒168-0082 東京都杉並区久我山4-12-10 倉本ビル2F

TEL03-3332-1990  FAX03-3332-2039
https://cinq.jp  Mail:esthe@cinq.jp

友だち追加 

 

       

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です