光老化 フォトエイジング

エステティックに携わって40年、エステ伝道師 清水收一が伝える<本物のエステティックを知って欲しい>

光老化 フォトエイジング

冬から春に季節は移り始めています。

そんな季節に油断しがちな「紫外線対策

 

年齢を問わず長期間に渡り、紫外線を浴びてしまうと「光老化(フォトエイジング)」を促進してしまいます。

皮膚の老化は、酸化糖化光老化と大きく3つの要因が有りますが、その80%は光老化によるものです。

10代の若い頃に多量の紫外線を浴びた人の肌は、特に30代後半からシミなどが著しく目立ち始めます。

そして、光老化が進んだ肌はキメが不揃いでごわつき、シワが深く刻まれてきます。

 

 

紫外線の種類と肌への影響

  • UV-A(長波長) 315~400nm

老化紫外線です。

ガラスを通過し、皮膚を黒化(サンターン)させ、コラーゲンやエラスチンを破壊してシワを作ります。

 

  • UV-B(中波長) 280~315nm

皮膚に炎症をもたらし、赤くヒリつき、ひどい時には水泡が出来て、火傷のような炎症を起こします(サンバーン)

 

  • UV-C(短波長) 100~280nm

地球のオゾン層で吸収され地上には届きません。

C波長は強力なエネルギーと殺菌力を持っている為、殺菌灯などに使用されています。

 

紫外線イメージ

紫外線と活性酸素

紫外線によって体内に活性酸素が増えると、脂質と結びつき身体のサビ「

化脂質」を作ります。

サビは細胞の老化を速め、皮膚癌の原因の一つとも言われています。

 

 

紫外線対策

紫外線は曇っていても6,7割ぐらい、雨の日でも2割近くが地表に届きますし、日陰にいても紫外線の散乱光の影響で日に焼けてしまいます。

また、屋内にいた場合でも日差しが差し込めば、UV-Aはガラスを透過しますので老化は進みます。

紫外線による「シミ」「シワ」

紫外線による「シミ」「シワ」

老化防止は勿論、シワやシミが気になる人は、一年を通して「紫外線対策」が必要です。

 

紫外線をブロックするためには、内と外からの対策を併せて行う事が効果的です。

外的防御

サンスクリーン剤の使用、日傘、帽子、サングラスなど。

 

内的防御

ビタミンやミネラル、タンパク質を豊富に含む食材を摂取。

(果物など光過敏にさせる種類の物には、気を付けましょう)

 

春先は地表に届く紫外線と赤外線が増えだす季節。

赤外線は必要ですが、紫外線は出来るだけ防御することを、エステサロンにお越し頂いているお客様にトリートメント効果を維持する上でも、具体的にきちんとアドバイスすることをお勧めします。

まとめ

春先から強まる、地表に届く紫外線の量。

老化の80%は「光老化(フォトエイジング)」

もう一度、紫外線の種類と肌への影響。

そして、紫外線対策に付いて詳しく触れて見ました。

ご質問の有る方は、下記までご連絡下さい。

エステティック総合商社 株式会社サンク
         代表取締役会長 清水收一

1982年、エステティックサロンのプロデュースとコンサルティング、商品の提供などを主な業務とするエステティック総合商社・株式会社サンクを設立。

『素晴らしくしようじゃないか、エステティック!』を合言葉に、エステティックの正しい理論や新しい技術の普及に努めると共に、オーナーのヴィジョン『夢』とサロンの魅力が詰まったオンリーワンサロン作りを目指し、エステサロンの企画から経営までトータルでサポートしています。

主な著書:最新レジャー産業開発・経営モデルプラン、女性向け・新レジャー事業(綜合ユニコム)、SOINESTHE、ESTHE NET(新美容出版)

ビューティーソムリエールエステティック理論編(サンク)

〒168-0082 東京都杉並区久我山4-12-10 倉本ビル2F

TEL03-3332-1990  FAX03-3332-2039
https://cinq.jp  Mail:esthe@cinq.jp

友だち追加 

 

       

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です