痩身エステからプロポーションメイキング

痩身エステで採寸しているイメージ

エステティックに携わって40年、エステ伝道師 清水收一が伝える<本物のエステティックを知って欲しい>

痩身エステからプロポーションメイキング

男女問わず多くの方が、中年期を迎える頃からプロポーションが気に成り始めます。

プロポーションメイキング

以前にも話しましたが、フランスのエステティックでは体脂肪や体重の増減の「痩身メニュー」はなく、メニューとして有るのは「プロポーションメイキング」特にバランスを非常に重要に考えています。

又、年齢と共に体形が引力に負けて、胸やお尻が下がってきたりすることを少しでも予防するメニューもその一つです。

 

プロポーションバランス

日本でも早くから日本人の理想体型は発表されて来ました。

 

ワコール人間科学研究所では、1960年に「ゴールデンプロポーション」というのが発表されました。

いわゆる「八頭身」です。

1979年には年代別シルエット作りが提唱され「ビューティープロポーション」が紹介、更に1992年には「ゴールデンカノン」という、日本人の理想の体型を指数化し、身長・体重のバランス、高さのバランス、立体バランス(バスト・ヒップ)、胸径バランスなど67のバランス構成が発表されました。

 

このように20世紀に於いても、ボディ体形は10年ごとに取りざたされてきた歴史があります。

モデル

理想的なプロポーションとは?

理想的なプロポーションサイズ

ここで現在の理想的なプロポーションサイズと比率を、一部ご紹介致します。

 

計測部位計測部位(床と水平)理想のサイズ(cm)
バスト・トップ両乳頭点身長×0.52~0.53
バスト・アンダーバストのすぐ下身長×0.432
ウエスト最も細くくびれた部位(伸ばした肘の一)身長×0.37~0.39
腹部腹囲が最も大きい部位(へそ下5cm)
ヒップヒップの最も高い位置身長×0.53~0.54
太もも(左右)最も太い部分身長×0.29~0.31
ふくらはぎ(左右)最も太い部分身長×0.2~0.21
足首(左右)最も細い部分18~22
二の腕腕(脇)の付け根身長×0.145~0.16

このような理想的なバランスに近ずく様に、施術と運動(筋肉トレーニング)並びに基礎代謝の向上、そして食事バランスも含め、老化予防管理と併せて自己管理して行くことが大切です。

これらをエステティシャンはお客様と目標を共有し、一緒に管理して行くのが『エステティックのプロポーションメイキング』です。

 

まとめ

一般消費者から良く聞かれる質問に「エステティックは痩せないでしょ!]というのが本当に多いです。

きっと「エステで痩せる」と言われてサロンに誘われ、結果「痩せなかった」「効果が得られなかった」という現実があるのだと思います。

フランスでのエステは体脂肪や体重の増減ではなく、プロポーションのサイズ維持や、理想に向けたサイズバランスへの施術を重要視しています。

それが『プロポーションメイキング』です。

エステティックで何が出来て、何が出来ないかを正しく理解して下さい。

プロポーションメイキングについてのご質問は、下記までお問合せ下さい。

エステティック総合商社 株式会社サンク
         代表取締役会長 清水收一

〒168-0082 東京都杉並区久我山4-12-10 倉本ビル2F

TEL03-3332-1990  FAX03-3332-2039
https://cinq.jp  Mail:esthe@cinq.jp

友だち追加

 

       

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です