ニキビ種類と原因

ニキビに悩む女性

エステティックに携わって40年、エステ伝道師 清水收一が伝える<本物のエステティックを知って欲しい>

ニキビ種類と原因

大分、春めいて来ました。

地表に届く赤外線の残存量も増え、草花は芽を吹き、人間も代謝が促進して各器官もパワフルに動き出します。

 

そんな時に多く起こる肌トラブルに『ニキビ』が有ります。

 

そこで、今回は『ニキビ』についてお話をしたいと思います。

 

ニキビ顔

尋常性ざ瘡

ニキビの種類

ニキビとは「尋常性ざ瘡」と呼ばれる皮膚疾患です。

皮脂の過剰分泌により毛孔が広がり、そこに皮脂が酸化して固まり、又過角化による毛孔の閉塞によって発症します。

皮脂が詰まって出られない状態を面皰、又はコメドといいます。

 

ニキビのピークは皮脂腺が活発な思春期です。

前額部(おでこ)や頬、口の周りにできやすい特徴が有ります。

 

他にも食生活や環境の変化、ストレスなどが原因で、成人でも出来るニキビが有ります。

これを昨今は「大人ニキビ」と呼んでいます。

 

ニキビができやすい肌質として、脂性肌や乾水性脂漏肌に多く見られ、胸や背中の正中線沿いにできるケースが多く見られます。

背中のニキビ画像

 

脂肪を好む表皮ブドウ球菌やアクネ菌によって更に悪化します

 

 

ニキビの原因

(内因性)

ホルモン異常やアンバランス(男性ホルモン、黄体性ホルモン、副腎皮質ホルモン、甲状腺ホルモンなど)と、ストレス、遺伝、糖質・刺激物の摂り過ぎ、ビタミンA、B2、B欠乏、偏食、肝機能障害、胃腸障害(便秘・下痢)など。

(外因性)

洗浄不足、化粧品の油膜成分、塵埃やハウスダスト、フリーラジカル、毛髪の刺激、皮膚常在菌(アクネ菌、表皮ブドウ球菌)、ペット、活性酸素紫外線など。

ニキビ

「大人ニキビ」

ニキビの段階と特徴

<第一期>毛孔角化期⇒<第二期>白・黒ニキビ⇒<第三期>赤ニキビ⇒

<第四期>黄ニキビ

 

毛孔角化期:毛孔周辺の角化が遅れて皮脂がスムーズに排泄されなく  なると、小さなブツブツした隆起ができます。

未だこの段階ではニキビとしては意識されません。

<お手入れのポイント>

洗顔などで皮膚を柔軟にし、毛孔周辺の老化角質を除去。

 

面皰形成期:猛攻が閉じているかで二つに分かれます。      但し、どちらも炎症は起こっていません。

・白ニキビ(閉塞面皰):ふさがった毛孔内に皮脂が固まった状態。

・黒ニキビ(解放面皰):毛孔から出た皮脂の先端が酸化して黒く変

色。

<お手入れのポイント>

 老化角質や詰まった皮脂、汚れを除去し収斂・殺菌。

 

紅色丘疹(赤ニキビ)

細菌が皮脂を分解して生じた遊離脂肪酸によって、毛孔周辺に炎症が起こった状態。

<お手入れのポイント>

過度なお手入れは避けて消炎・鎮静。

痛みやかゆみが有る場合は、エステティックの範疇ではありません。

ニキビ跡の色素沈着

ポールデラタ又は、オレンジピール

膿疱(黄ニキビ)

炎症を繰り返して深部組織が破壊され、凸凹でクレーター状になり色素沈着が起っている(ポールデラタやオレンジピールなどとも呼ばれている)

<お手入れのポイント>

ゴマージュやピーリングで皮膚の角化を促進させる。

 

 

ニキビ・トリートメントの留意点

ニキビの段階によって手当の留意点は異なりますが、基本は過度な刺激を避けて鎮静保湿を心掛ける。

 詰まった酸化皮脂を吸引し、皮脂分泌の通りを良くする。

 

 

ホームケアアドバイス

規則的な生活で、心身のコンディションを整えるように進言。

食生活では糖・脂質の代謝や皮膚の角化をスムーズにするビタミンA、B2、B6積極的に摂り、油っこい食事や甘いもの、香辛料、アルコール類は控える。

汚れたメイク用品や枕カバー、ティッシュペーパーの摩擦や頭髪化粧品の刺激が発生部位に接触しないよう注意しましょう。

 

春先に多く起こる「ニキビ」

 

将来「シミ」に成らない為にも、早めのケアが大切です。

 

まとめ

春先から増える「ニキビ」その種類と原因、そして進行段階における留意点とケア方法、更には生活習慣へのアドバイスに付いても詳しく記載しました。

ニキビは早期処置が肝心です。

詳しくお知りに成りたい方は、下記までお問合せ下さい。

 

エステティック総合商社 株式会社サンク
         代表取締役会長 清水收一

1982年、エステティックサロンのプロデュースとコンサルティング、商品の提供などを主な業務とするエステティック総合商社・株式会社サンクを設立。

『素晴らしくしようじゃないか、エステティック!』を合言葉に、エステティックの正しい理論や新しい技術の普及に努めると共に、オーナーのヴィジョン『夢』とサロンの魅力が詰まったオンリーワンサロン作りを目指し、エステサロンの企画から経営までトータルでサポートしています。

主な著書:最新レジャー産業開発・経営モデルプラン、女性向け・新レジャー事業(綜合ユニコム)、SOINESTHE、ESTHE NET(新美容出版)

ビューティーソムリエールエステティック理論編(サンク)

〒168-0082 東京都杉並区久我山4-12-10 倉本ビル2F

TEL03-3332-1990  FAX03-3332-2039
https://cinq.jp  Mail:esthe@cinq.jp

友だち追加 

 

       

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です