エステ・フェイシャル・ボディ、よく聞かれる質問集・春~初夏編

 

花粉症のイメージ写真

エステティックに携わって40年、エステ伝道師 清水收一が伝える<本物のエステティックを知って欲しい>

エステ・フェイシャル・ボディ、よく聞かれる質問集・春~初夏編

 

エステティシャンがお客様から、よく聞かれる質問集「フェイシャル編、ボディ編」に次いで第3弾『春~初夏編』をお届けいたします。

 

花粉症と肌

Q:5年ほど前に花粉症に成って以来、症状が出ると肌の調子も悪くなって困っています。

 どうしたら良いですか?

 

A:花粉症の根本的な治療を医療機関で受けられることが先決です。

花粉にアレルギーを持っている人は、その症状が出ている時は特に肌が過敏になっていますので、かぶれや肌荒れ、ニキビなどのトラブルを起こしやすく成ります。

マスクの着用、薬の服用と言ったアレルゲンへの対策はもちろんですが、お肌にとって大切な質の高い睡眠、栄養バランスのとれた食事、適度な運動によって、免疫力も向上しスキンコンディションに良い結果をもたらします。

最近では、食事面で動物性タンパク質(肉類)を減らして、ヨーグルトなどで乳酸菌を多めにとることがアレルギー症状を緩和すると言われています。

又、免疫力にはメンタル的な要素も症状に影響しますので、出来るだけリラックスできる環境を作って下さい。

腹式呼吸のイメージ写真

「腹式呼吸」

ダイエットと腹式呼吸

Q:夏に向けてダイエットの季節、ダイエットに複式呼吸が効果的なのは何故ですか?

 

A:日頃、大半の人は胸式呼吸をしています。

腹式呼吸をすることで、今まで使っていなかった筋肉を意識して使う事によ

り、基礎代謝がアップします。

更に、横隔膜の運動も内臓を刺激するため、代謝や血行が促され、消化機能が改善するなど様々な効果が期待できます。

又、身体の隅々まで酸素が取り込まれることで脂肪の燃焼も助けます。

 

足裏

Q:素足の季節です。

最近、足の裏を触るとコリコリしたものを感じるのですが・・・

 

A:クリスタルといわれる老廃物の塊です。

カルシウムや尿酸が堆積したもので血液の流れを妨げます。

強く刺激すると痛みがでる場合もありますから、入浴中や入浴後に軽く揉み解して柔らかくしましょう。

 

弱酸性洗浄料

Q:春から夏にかけて、弱酸性の洗浄料がいいの?

 

A:確かに雑誌やTVコマーシャルの宣伝文句は“弱酸性”ですね。

洗顔料を皮膚のPHに合わせる事で、肌に優しいイメージを持たせています。

一方、アルカリ性の洗顔料は、皮膚を柔軟にして汚れ落ちを良くする利点が有ります。

洗浄料の良し悪しはPHだけでは決まりません。

大切なのは洗浄後に放置せず、化粧水などで早く弱酸性のお肌に戻すことです。

特に春先からは花粉やPM2.5などフリーラジカルの影響を受けやすい季節です。

肌を弱酸性に保って、保護して行きましょう。

 

皮膚呼吸

Q:“皮膚呼吸を妨げないファンデーション”というフレーズを耳にします。

 皮膚って呼吸しているのですか?

 

A:人間は肺呼吸で生命を維持しています。

皮膚呼吸は身体が必要とする呼吸の約1%以下。

ファンデーションやよく言われる金粉やラップで覆っても、息苦しくなることはありません。

長時間に成ると発汗を妨げて体温(皮膚温)が上がったり、密着して密着感が有るため“息苦しい”と感じる方もいるかと思いますが、あくまでも感覚的なものです。

お水を注いでいる写真

一日に1リットルは、お水を摂取しましょう。

水の摂取量

Q:これから気温が高くなって来る季節!

  一日に水1リットルは飲みましょうと言いますが、本当に必要なんですか?

 

A:必要です。

水分は、摂取した栄養素を身体全体に運んだり、体内の老廃物を排出する、体温を調整するといった重要な役割が有るためです。

『生活習慣病』『便秘』『乾燥肌』の予防にもなります。

しかし、食事以外で殆ど水分を摂れない人にとって、急に毎日水を飲もうとしても、腎臓や胃に負担がかかり体調を壊しかねません。

起床後、就寝前にコップ1杯の水と、日中に200ml程度を小まめに摂るようにして、徐々に慣らして「水を飲める体」にしましょう。

1日に飲む理想的な水分量は、季節や運動量、塩分摂取量にもよりますから一概には言えませんが、次のような計算式も有りますので参考にして下さい。

 

水の摂取量:「体重×50ml(1kg当たりの成人の必要水分量)1500ml(食事で摂る平均水分量)

 

*冷たい水は身体を冷やし、肌の新陳代謝の低下を招く一因にもなりますので、白湯で摂ることをお勧めします。

 

 

以上、「美と健康」に関しての、「エステ、お客様からよく聞かれる質問集・春~初夏編」をお伝え致しました。

エステティシャンのアドバイスは、お客様の信頼に繋がり、お客様の来店頻度を高め、固定化に繋がります。

まとめ

今回もエステティシャンがこの時期、お客様からよく聞かれる質問を、抜粋して掲載いたしました。

お客様からの質問に正しく、専門的知識を交えてお話することは、お客様から信頼を得られ、お客様のサロンへの固定化に繋がります。

エステティシャンは「美と健康」に関して、常にアンテナを張り巡らせましょう。

美と健康における「春~初夏」の季節に関して、何かご質問が有りましたら、下記までお問い合わせ下さい。

エステティック総合商社 株式会社サンク
         代表取締役会長 清水收一

〒168-0082 東京都杉並区久我山4-12-10 倉本ビル2F

TEL03-3332-1990  FAX03-3332-2039
https://cinq.jp  Mail:esthe@cinq.jp

友だち追加

 

       

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です