エステサロン再開に向けた、問題と営業対策

コロナ不況ノのージ

エステティックに携わって40年、エステ伝道師 清水收一が伝える<本物のエステティックを知って欲しい>

エステサロン再開に向けた、問題と営業対策

「緊急事態宣言」解除後、感染予防の徹底を図りながら、お客様に少しでも安心感を持って来店して頂けるようホームページやお手紙・SNSで発信して来ましたが、在宅自粛要請以前の来店客数・頻度には程遠いのが多くのサロン様の現状です。

確かに現実に、全国の感染者が増加している現在、感染を心配してサロンに足を運ぶ方が少ないのは当然の事だと考えます。

エステティックが我が国で、女性(男性も)のライフスタイルの中に、価値観を持って組み込んでいる方はまだまだ少数だと思います。

ヘアサロンや理容室のように、髪が伸びてしまうので行かざる終えないという分野ではなく、心の充足感や余裕の中での贅沢感で利用している方々が多いのが日本です。

感染への絶対的な安心」が明確にならない限り、難しいのが現実だと思います。

しかし、エステティック業に限らず、多くの業種で同様の問題は抱えています。

職種によっては「リモート」での営業対応や、店内での営業が営業時間の短縮やスペース配分で売上が伸ばせない分をテイクアウトや配達で、少しでもカバーしようとしている職種も有ります。

そこで、エステサロンではどのような試み」が可能なのかを考えて見たいと思います。

施術に関して

お客様同士のクロスを避ける為に、予約の入れ方を前後たっぷりと時間を空けて、入れているのが現状だと思います。

更に、来店客数も減っているので、施術ルームはかなり空いているのではないでしょうか。

実際に、今このような状況で、先行きが見えない不安から、サロン規模を縮小して家賃の安い物件に引っ越しを計画しているサロンさんは御座います。

また、常連様など永くサロンにお越しのお客様には化粧品・専用商材を持って、ご自宅にお伺いして施術をさせていただく事を始めだしたサロン様も御座います。

訪問エステ

 

多くの感染者数を出しているフランスでは、多くのエステティシャンが『訪問エステ』に切り替えて、売上作りを凌いでいるそうです

曜日を決めて、何曜日と何曜日又は、午前中は毎日、ご自宅に訪問して施術を行いますとお客様に事前に告知して、予約を試みては如何でしょうか。

施術内容も、「ストレス軽減ボディトリートメント」や、睡眠不足の方への「ヘッドマッサージ」などは有効だと考えます。

又、マスクをお客様がしたままでも受けられ、「目の周り」を中心に、側頭筋を入念にマッサージして、目の疲れや目の周り、額のシワの軽減など、マスクから露出している部位のケアも一つのアプローチだと思います。

『STAY HOME』していても老化は訪れて来ますし、皮膚トラブルも起こって来ると思います。

 

そこで、今まで来て頂いていたお客様に、ズームやスマホのテレビ電話を活用した『リモート・カウンセリング』<無料お悩み相談>を試みてはどうでしょうか。

話すだけでもお客様のストレスは解消してあげられます。

体調不良や肌調の崩れにアドバイスして差し上げるだけでも、訪問エステ受注やコロナ感染が完全解消した暁の本格営業に向けた準備にもなると思います。

物販に関して

フランスでは施術売上が30%、物販が70%だと、以前にも私のブログなどで何度かお話をしたことがあると思います。

こういう時だからこそ、リモートなどでカウンセリングして、化粧品や入浴剤などお客様の状態に応じてお勧め販売して見ては如何でしょうか?

そして、商品もご自宅にお送りする、又は、訪問エステと併せてお届けすることも併せて考えてみようだはありませんか。

張り切るエステティシャン

勉強セミナーに関して

お客様もこういう状況ですから、比較的お時間が取れると考えます。

そんなお客様に「美と健康」に関しての資料配布や、「こんな時に家庭で出来るセルフフェイシャルマッサージ」「お風呂の中で、ハーブに浸かって気分をリラックス~アロマの簡単知識」など、セミナー提供企画をリモートで考えてみても良いと思います。

そこから政府が勧める、「新たな業態改革」が生まれてくる気が致します。

 

エステティックの潜在需要は、間違いなく存在します!

 

             『素晴らしくしようじゃないか、エステティック!』

 

皆さん、頑張りましょう!

 

ご質問、ご相談は、下記までご連絡下さい。

エステティック総合商社 株式会社サンク
         代表取締役会長 清水收一

1982年、エステティックサロンのプロデュースとコンサルティング、商品の提供などを主な業務とするエステティック総合商社・株式会社サンクを設立。

『素晴らしくしようじゃないか、エステティック!』を合言葉に、エステティックの正しい理論や新しい技術の普及に努めると共に、オーナーのヴィジョン『夢』とサロンの魅力が詰まったオンリーワンサロン作りを目指し、エステサロンの企画から経営までトータルでサポートしています。

主な著書:最新レジャー産業開発・経営モデルプラン、女性向け・新レジャー事業(綜合ユニコム)、SOINESTHE、ESTHE NET(新美容出版)

ビューティーソムリエールエステティック理論編(サンク)

〒168-0082 東京都杉並区久我山4-12-10 倉本ビル2F

TEL03-3332-1990  FAX03-3332-2039
https://cinq.jp  Mail:esthe@cinq.jp

友だち追加 

 

       

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です