エステと老化現象・アンチエイジング

 

成人式風景

エステティックに携わって40年、エステ伝道師 清水收一が伝える<本物のエステティックを知って欲しい>

エステと老化現象・アンチエイジング

115日、『成人式』 新成人の方、おめでとう御座います。

 

そして、新春を迎え、また一つ年を取りました。

 

以前にもブログエステティックは老化予防管理が基本(エステ・フェイシャル基本理論)」でお伝えしましたが、人間は1年に一歳年を取りますが、肌は上手に管理すれば0.5年の年の取り方も出来ます。

そうすれば10歳年をとっても、肌は5歳の年の取り方が出来る訳です。

 

ここでもう一度、老化の大きな要因について整理したいと思います。

 

自然老化

主に加齢に伴う老化を「自然老化」といいます。

シワのある顔

人間に寿命があるように、表皮の基底細胞もテロメア(染色体の遺伝子配列に関わる部分)と呼ばれる細胞によって寿命が決定づけられます。

新しい細胞は20までは増殖し、その後は徐々に減少して行きます。

減少するスピードが肌の老化と比例しています。

自然老化は個人差が大きく、肌の特性や管理の程度、取り巻く環境に左右されます。

特に40代後半になると毛細血管の機能低下により、栄養は皮膚の末端まで届かず新陳代謝が鈍り老化を速めさせます

 

光老化

年齢を問わず、長期間にわたり紫外線を浴びてしまうと、「光老化(フォトエイジング)」を促進します。

紫外線

漁業や農業に従事し、日常的に強い日差しに当たる機会の多い職業の方の肌は、キメが不揃いでごわつき、シワが深く刻まれシミが多く見られます。

プロゴルファーなども襟足がいつも日差しに曝されて、シワが深く、多くのシミが出来ています。

 

UV-A(長波長)紫外線は老化紫外線と言われ、皮膚を黒化(サンタン)させ、コラーゲンやエラスチンを破壊・変性させ、シワを作ります。

 

酸化

紫外線や大気汚染、喫煙、OA機器の電磁波などで過剰発生した活性酸素は

健全な細胞にダメージを与え、更に脂質と結びつき身体のサビ「過酸化脂

」を作り、細胞の老化を速め、皮膚癌の原因の一つとも言われています。

お肌に出来るアレルギー、ニキビ、シワ、シミなどの原因の一つと考えら

れています。

 

糖化

老化の危険因子として、近年注目されているのが『糖化』です。

水あめ

身体を作っている60兆個の細胞はタンパク質からなっています。

このタンパク質に食事で摂った糖分が結合し「最終糖化生成物=AGEs」という物質が出来る現象を『糖化』と言います。

この物質を体内では異物と捉え、排除する分解酵素が発生します。

この酵素がコラーゲンの架橋結合を増加させ、結果肌は黄ばみ、ハリを失ってたるみを生じます。

AGEsは一度できてしまうと蓄積され、糖化は活性酸素を作り、活性酸素は糖化を促し、悪循環の老化を促進させます。

 

以上が代表的な老化現象の要因です。

 

これ以外にも内的因子として、遺伝やホルモンバランスの崩れ、そして免疫力の低下が有ります。

又、外的因子としては、不規則な食生活、運動不足、精神的ストレス、外部環境などが挙げられます。

 

おぎゃあと生まれたその時から、老化現象は始まっています

 

エステティックでは、積極的な美容手当で老化を少しでも遅らせることが最大のテーマです。

 

老化の要因を正しく理解し、施術とアドバイスをお客様に提供して行きましょう。

まとめ

エステティックは「避けられない老化現象を、いかに緩やかに遅らせるか」が最大のテーマです。

その為に、医学・科学の理論に基づいた、積極的な全身性の美容手当でを行います。

いわゆる『老化予防管理技術』がエステティックです。

その為の知識を正しく学んで行きましょう。

何かご質問のある方は、下記までお問い合わせ下さい。

エステティック総合商社 株式会社サンク
         代表取締役会長 清水收一

〒168-0082 東京都杉並区久我山4-12-10 倉本ビル2F

TEL03-3332-1990  FAX03-3332-2039
https://cinq.jp  Mail:esthe@cinq.jp

友だち追加

 

 

       

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です