ホームケア販売の重要性と対策

 

エステ専用化粧品

エステティックに携わって40年、エステ伝道師 清水收一が伝える<本物のエステティックを知って欲しい>

ホームケア販売の重要性と対策

コロナウイルスの感染者数が減少傾向となり、Go TOキャンペーンなどもあり、少しずつですが人の動きは活発になってきています。

しかし、「感染第二波」も考え、エステティックサロンにおける“withコロナ営業”は引き続き求められており、

感染対策のため、お客様とお客様の間隔を通常よりも長く取るため1日に対応できる施術人数が減少・・・。

施術売上がサロン売上全体に占める割合が大きいサロンにとってはまだまだ厳しい状況が続きます。

化粧品販売イメージ

「店販化粧品にもっと力を入れておけば良かった」

そんな声が聞こえてきます。

施術売上での安定経営が難しいコロナ禍の中、

サロン継続のため、いかにして店販売上をあげていくかを考えることが必要と成っています。

👇   👇   👇

ご来店されたお客様にホームケアのアプローチはもちろんですが、

これから冬に向けて、コロナの再流行も考えられます。

サロンに来なくても、化粧品が購入できる仕組みをつくっておくことが必要ではないでしょうか?

 

◆もっとも簡単なのは・・・電話で注文を受け、商品を配送する。

既存のお客様であれば、普段購入されている商品も分かっているので、電話での受注ができるはずです。

👇

とはいえ、集金方法はどうすればよいか???

手数料はかかりますが運送会社のコレクト(代金引換)配送サービスを利用する方法もあります。

※コレクト配送サービスは、法人または個人事業主様であれば契約が可能です。

⇒別途申請が必要となりますが、お届け時にクレジットカード払いができるサービスもございます。

上記サービスは、ヤマト運輸・佐川急便など数社で行っております。

詳細は、各社ホームページなどご覧下さい。

 

◆今増えているのが・・・サロンのオリジナルオンラインショップをつくること

スマホ時代、シンプルなオンラインショップであれば比較的簡単につくれる時代です。

サロンのオンラインショップがあれば、新しい商品やおすすめ商品の紹介などサロンに来店しなくても

お客様にお伝えすることができ、購入ができるのでとても便利です。

例えば…ECサイト構築アプリケーション BASEは、無料でECサイトを立ち上げる事ができます。

https://thebase.in/

頑張るエステティシャン

エステティックサロンのように対面での接客・販売が主軸で、

オンラインショップは、来店できないなど限られたお客様の

ためのツールとして利用するのであれば、無料のシンプルな

アプリケーションでも十分に活用できるかと思います。

 

オンラインショップの制作などでお困りの際は、サンクまでご相談ください。お手伝いさせて頂きます。

 

LINEのビデオ通話やZOOMなどを活用

LINEのビデオ通話やZOOMなどを活用

◆オンラインカウンセリングで店販売上アップ!?

サロンへ来店できないけど、プロに相談したいという方のためにオンラインで

カウンセリングを行うサロン様も増えています。

百貨店などに展開する化粧品メーカーなどは、客足の減少に伴い、

続々とオンラインカウンセリングをはじめています。

LINEのビデオ通話やZOOMなどを利用することで、お互いの顔をみながら会話ができるので、

お客様の肌の状態も分かり、化粧品の提案もし易くなることから今後も広がりをみせるでしょう。

 

オンラインカウンセリングでは発言に細心の注意

なぜなら、オンラインカウンセリングをするZOOMなどのアプリケーションには、

録画機能があるからです。

 

録画ぐらいいいんじゃない?

 

普段何気なくお客様に伝えている内容も、実は薬機法違反医師法違反にあたる

表現をしてしまっていませんか?

実際に、オンラインカウンセリングの録画画像を持ち出し、医師法違反だと某化粧品メーカーに訴訟を

起こそうとした事例も出ています。※その後の詳細は不明

 

長年サロン様と交流をもたれているお客様であれば問題が起きる事はほぼないと思われますが、

オンラインカウンセリングなど行う際は、細心の注意を図りましょう。

適切な運営を行えば、来店が出来ないお客様と繋がれるツールとして十分役立つものだと思います。

 

オンラインカウンセリングをはじめてみたいなどお困りの際はご相談ください。お手伝いさせて頂きます。

 

        『素晴らしくしようじゃないか、エステティック!』

まとめ

新型コロナウイルス感染対策に伴い、2020年予想では世界の経済成長率は前年比▲4.9%、日本でも▲6.5%と減少が予想されています(株式会社三菱総合研究所 予測)

有識者の発言などを聞いても、今後2年近く厳しい状況は続きそうです。

今、エステサロン又はエステ業界で何が出来るか、何を新たに考えなければいけないのか、試されている時だと考えます。

ご一緒に考えましょう。

ご相談等、お気軽の下記までご連絡下さい。

エステティック総合商社 株式会社サンク
         代表取締役会長 清水收一

1982年、エステティックサロンのプロデュースとコンサルティング、商品の提供などを主な業務とするエステティック総合商社・株式会社サンクを設立。

『素晴らしくしようじゃないか、エステティック!』を合言葉に、エステティックの正しい理論や新しい技術の普及に努めると共に、オーナーのヴィジョン『夢』とサロンの魅力が詰まったオンリーワンサロン作りを目指し、エステサロンの企画から経営までトータルでサポートしています。

主な著書:最新レジャー産業開発・経営モデルプラン、女性向け・新レジャー事業(綜合ユニコム)、SOINESTHE、ESTHE NET(新美容出版)

ビューティーソムリエールエステティック理論編(サンク)

〒168-0082 東京都杉並区久我山4-12-10 倉本ビル2F

TEL03-3332-1990  FAX03-3332-2039
https://cinq.jp  Mail:esthe@cinq.jp

友だち追加 

 

       

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です