エステ・カウンセリング理論・効果、心理療法から見た手順

エステサロンでのカウンセリング風景

エステティックに携わって40年、エステ伝道師 清水收一が伝える<本物のエステティックを知って欲しい>

エステ・カウンセリング理論・効果、心理療法から見た手順

4日間ほど九州・西日本を中心に、サロン様を訪問する機会が有りました。

そこでサロンオーナーやエステ責任者の方々とお話しをする中で、皆さんが共通して多く悩まれている事が有りました。

 

カウンセリングが上手く出来ない・・・

 

理由としては、「一昔前のように、エステティシャンのいう事、経験などを素直に信じて貰えない・・・

ネットなどでの検索情報が身近にあり、情報過多で、お客様の自己判断意識が強く成っている・・・

 

だから、結果<使用前/使用後の写真>などに頼る事に成るとのことでした。

 

勿論<使用前/使用後の写真>は優良誤認の観点から禁止されています。

 

医者などは、検査データが提示できるので、情報過多の患者さんでも、又若い医師が担当しても、取り敢えずカウンセリング内容は受け止めて貰えます。

しかし、エステサロンでは、個人の具体的なデータは無く、メーカーなどの受け売りや、エステティシャン自身の経験値がカウンセリング内容の中心と成ります。

その為には、信頼して貰えるカウンセリング話術や話の持って行き方が、重要なポイントと成って来ます。

 

そこで、心理療法としてカウンセリングを行っている『カウンセラー』が学んでいる基礎知識と進め方を少しお話したいと思います。

 

カウンセリングする医師

心理療法でのカウンセリング

心理療法

心理療法を行う『カウンセラー』は、カウンセリングを通して心理的な問題を解決し、精神面の健康を増進させていきます。

特にコミュニケーションを通して、クライアント(相談者)が自ら問題を解決できるように援助します。

最近では、具体的指示を与えないカウンセリング方式「来談者中心法」など200を超える理論や方法があると言われています。

 

カウンセリングの心理的原則

クライアントが抱える問題に対し様々な「気づき」をもたらし、自己を理解させることから始まります。

 

ポイントと手順

 

  • 傾 聴:カウンセラーは先入観にとらわれず、相手の話にじっくりと耳を傾けます。

話の内容とその背後にある感情を心で受け止めて理解することが、最初の大切なプロセスです。

 

  • 受 容:内容についての評価をせず、相手の話を無条件に受け入れるカウンセラーの受容的な姿勢が、クライアントの不安な気持ちを和らげ信頼関係を築きます。

 

  • 共 感:クライアントの経験や感情を正確に受け止め、カウンセラー自身が同じように感じ、理解することです。

共感的な態度は、クライアントにとって「気持ちを充分に理解してもらった」という気持ちに繋がります。

 

  • 浄 化:クライアントは傾聴・受容・共感というステップを通じて、カウンセラーに受け止めて貰っていると感じ、緊張や不安など抑えていた感情が次第に解放され、スッキリとした気分になります。

これを『浄化(カタルシス)』と言います。

 

  • 気づき:精神的な浄化がなされて初めて、クライアントは悩みや問題に対して、自分なりの解決方法やカウンセラーの指導・アドバイスを率直に受け止めて行きます。

そして、自身の新たな変化を期待しだします。

医師による問診風景

心理療法医師によるカウンセリング

この『カウンセラー』を『エシテティシャン』に置き換えて、ご自身がお客様

にカウンセリングを進めて行く時と比べて見て下さい。

 

何かが見えて来ませんか?

 

カウンセリングが上手く出来ない・・・

お客様が心から信頼を寄せて来ていないような気がする・・・

私のアドバイスより、ネット情報を優先する・・・

 

リピーターに出来ない・・・

物が売れない・・・

 

カウンセリング、クロージング技術の問題よりも、そこに至る以前のポイント

の大切さに、築いていないことが問題なのではないでしょうか。

 

エステティックでの共有

私は良くエステティシャンにお話しますが、『先ずは、お客様の悩みやコンプ

レックスを理解し、悲しみや辛さを共有するところから始めましょう』と。

エステサロンでのカウンセリング風景

そして、目標を具体的にお互いに確認し合い、毎来店時に「どこまで進んで来

ているか」「どのように変化してきているか」、更にはお客様が努力した結果の

『喜び』も、経緯における『頑張りや苦しみ』の気持ちをエステティシャンや

担当者は『共有』して行くことがとても大切だとお伝えしています。

 

カウンセリングが苦手だと思う前に、もう一度お客様の話や背景にある感情

を、ご自分の中に受け止めることから始めて見ましょう。

 

きっと、何かが違ってきます!

 

まとめ

ネットで簡単に調べられる「過剰情報時代」。

エステティシャンのカウンセリングが、お客様の「耳年増」を超えられるか・・・

お客様に信頼され、施術やホームケアアドバイス、更に店販商品の販売、最終的にはリピーターとしての固定客に結び付ける為の『カウンセリング』

その大事な『カウンセリング』が、苦手と言うエステティシャンが増えているようです。

「本末転倒」の話です。

心理療法でのカウンセリングを例にとり、ポイントと手順をお話しました。

何か「カウンセリング」でご質問の有る方は、下記までお問い合わせ下さい。

エステティック総合商社 株式会社サンク
         代表取締役会長 清水收一

〒168-0082 東京都杉並区久我山4-12-10 倉本ビル2F

TEL03-3332-1990  FAX03-3332-2039
https://cinq.jp  Mail:esthe@cinq.jp

友だち追加

 

 

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です