エステ、お客様の体質及び気質と性格

東洋医学・西洋医学

エステティックに携わって40年、エステ伝道師 清水收一が伝える<本物のエステティックを知って欲しい>

エステ、お客様の体質及び気質と性格

エステサロンに来られるお客様は様々で、人それぞれの「体質」や「気質」「性格」をお持ちの方が来店されます。

その方達のそれらを、少しでも想定できる<目安>を、事前知識としてエステティシャンが身に付けていたら、とても力強いカウンセリングが出来ます。。

そこで・・・

先天の気

[気質]とは・・・遺伝子が深く関わっています。

その配列の違いにより、兄弟、姉妹、又同時に生まれた双子でもそれぞれの気質は異なり、気質はしつけでも変わりません(この配列と同じものが欲しいので、クローンが出来たのです)。

よって、性格の生物学的、本能的な部分として扱います。

気質の要素は成人に成ってからも不変で、東洋医学ではこれを「先天の気」と呼び、先祖から次の世代にと受け継がれて行きます。

気質」の考えを説明した最初の書物は、古代ギリシャの医師「ヒポクラテス」の四体液説です。

  • かんしゃくもち(黄胆汁)
  • 憂鬱(黒胆汁)
  • 冷静(粘液)
  • 楽観的(血液)

そして、人の性格と健康は、4つの成分のバランスによるものと説いています。

 

後天の気

[性格]とは、生まれつきの部分と経験によるものの両方を指します。

*[性格]は、「気質」と身に付けた習慣と行動によって出来上がります。

 

[体質]は生まれてからの成長過程で、内外環境の影響を受け形成されます。

育つ環境が温暖か寒冷か、肉親の愛情、生活様式・社会生活などの影響を受け、精神面や健康状況にも左右されます。

これらを東洋医学では「後天の気」と呼びます。

 

性格

気質・性格

カウンセリングの極み

さて、<エステティックと『形態学・モホロジー』>の中でも触れましたが、エステティックにおいて、カウンセリングの占める重要度は大変高く、その中でいかにそのお客様の体質や今後起こりうるだろう身体の変化と課題を如何に事前に予測できるかがカウンセリングの極みでもあり、過去や現状の置かれている環境や生活習慣などからも推測して行かなければなりません。

 

そして、老化予防において、緩やかな進行を目標とした施術計画が長いスパンで施行されて行かなければなりません。

 

その際にお客様の理解と協力、更にはエステティシャンと一緒にその目標に向かって歩いて頂く上で重要と成って来るのが、お客様の「気質」や「性格」です。

カウンセリング風景

 

この二つを事前に見極め、話法や伝達方法にもエステティシャンは工夫して、お客様とコミュニケーションを取ることが大切です。

 

一例をお話します。

 

胚葉系のモホロジー(形態学)において・・・

内胚葉

内臓系は比較的健康で内臓疾患も少なく、色白で肌理も細かい方が多い。

顔の形は丸顔で、ふっくらとしていて表情も穏やかです。

体形は全体的に丸みを帯びていて、晩年は下半身が太りやすい。

性格は穏やかですが、例えば映画やドラマで悲しいヒロインを見ていて、気が付くと自分の中でそのヒロインと気持ちが同化してしまう傾向が有ります。

そんな『内胚葉』の方にアドバイスや指導をするときは、直接話法より間接話法を使用する方が良いと教えています。

体質・気質

同様に、ヒポクラテスの四体液理論では《粘液体質》、そして陰陽五行説では《》という体質分けで似たような見解を述べています。

又、弊社(株)サンクが日本上陸時から普及に力を注いで来ました「ポール・シェリー」化粧品<株式会社ピー・エス・インターナショナル>の創業者ポール・シェリー氏のモホロジー理論でも同タイプを次のように論じています。

リンパティック:Lymphatic

外見的特徴

[体型]ぽっちゃりとしていて丸みがある/手足が小さく、なで肩。

[顔型]厚みがある丸形/アゴが小さくくびれている。

[肌質/色]色白で、触ると冷たくしっとり。

[髪質]髪は奇麗で細く、軽い印象。

[視線]視線はぼんやりしています。

[性格]物静かで穏やかな性格。

優しく素直で愛情深い。

記憶力が良く、バランス感覚が優れている。

夢見がちで非現実的。

ゆっくりと几帳面な仕事をします。

[起こりやすいボディトラブル]

水太り・むくみ。

[起こりやすいフェイストラブル

敏感肌。

厚み:・むくみ。

黒ずみ。

このように共通した見解が見られます。

一例ですが、このように『胚葉理論』や『四体液理論』『陰陽五行説』、更には『ポール・シェリー理論』などの形態学(モホロジー)では、人の本来持っている「体質」と『気質』『性格』を美と健康をテーマとして<目安>となる理論背景を伝えています。

 

エステティックにおけるカウンセリングの重要性を鑑みても、この分野の知識を深く学ぶ事がエステティックに携わる者として大切になって来ると考えます。

 

 

『素晴らしくしようじゃないか、エステティック!』

 

エステティックって、本当に奥が深いですね!

まとめ

エステティックにおいて重要なことは、お客様の体質を見極め、的確な施術方針を組み立てる事です。

又、今後起こるかもしれない変化や老化に対して、的確な施術計画やアドバイスが大切と成って来ます。

その為にもお客様とのコミュニケーションを取る上で、お客様の「気質」や「性格」を把握することがより重要と成って来ます。

その<目安>として、形態学(モホロジー)が有効です。

詳しくお知りに成りたい方は、下記までお問合せ下さい。

エステティック総合商社 株式会社サンク
         代表取締役会長 清水收一

1982年、エステティックサロンのプロデュースとコンサルティング、商品の提供などを主な業務とするエステティック総合商社・株式会社サンクを設立。

『素晴らしくしようじゃないか、エステティック!』を合言葉に、エステティックの正しい理論や新しい技術の普及に努めると共に、オーナーのヴィジョン『夢』とサロンの魅力が詰まったオンリーワンサロン作りを目指し、エステサロンの企画から経営までトータルでサポートしています。

主な著書:最新レジャー産業開発・経営モデルプラン、女性向け・新レジャー事業(綜合ユニコム)、SOINESTHE、ESTHE NET(新美容出版)

ビューティーソムリエールエステティック理論編(サンク)

〒168-0082 東京都杉並区久我山4-12-10 倉本ビル2F

TEL03-3332-1990  FAX03-3332-2039
https://cinq.jp  Mail:esthe@cinq.jp

友だち追加

       

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です