エステ業界2018年を振り返って

エステイメージ

エステティックに携わって40年、エステ伝道師 清水收一が伝える<本物のエステティックを知って欲しい>

エステ業界2018年を振り返って

 

今年も間もなく、暮れようとしています。

 

エステサロン関係者、エステ関連メーカー、エステ各協会、そしてエステ専門商社・デーラーの方々・・皆さんにとって、どんな1年だったのでしょうか?

 

2017年から2018年に起こった「たかの友梨ビューティークリニック」(株式会社不二ビューティ)「ソシエ銀座」(株式会社ソシエ・ワールド)の大手エステサロンの経営交代から始まり、MUSEEなど大手脱毛専門店チェーンの経営不振・経営交代から起こった消費者クレームの声などでの風評被害も聞かれ、そして、「不当景品類及び不当表示防止法」に抵触する優良誤認・広告表示法違反の典型であるBefore/Afterなども相変わらず横行し、エステ利用者の方々への信頼・認知等はもう一つ、向上して来なかった1年だったように思います。

脱毛イメージ

その影響か、マンションエステなど個人店、特にお一人で営業されていたサロンさんに影響が及んだのか、かなりの数が閉店された年だったように見受けられます。(エステ商品流通関連業者の談)

 

しかし、日本最大の国際総合ビューティ見本市「ビューティーワールド」(メッセフランクフルト ジャパン株式会社)などは各地で開催され、いずれも出店者と来場人数を拡大更新しているようです。

ビューティーワールド

ビューティーワールド2018

来場者に関しては,今は一般消費者も入場出来るように成っている(会場内で安くサロン卸価格で商品購入が可能)ので、増加傾向にあるのは分かります。

また、メーカー関連出店者もネットとの競争激化で売上作りに苦慮し、少しでも多くの取引サロン獲得を目指し、出店業者が増加しているのだと思います。

 

当初はエステティックに特化した見本市で、シンポジュームや情報収集の場としての役割と、各出展者もエステティック業界を育てようとしていて、そこでの売上獲得は考えず、会場での販売はお互いに慎む紳士協定が出来ていまし

た。

 

そんな経緯を見て来た筆者としては、現在の会場における販売出展小間の賑わいと競い合いに戸惑ってしまいます。

 

これも時代の流れなのかもしれませんが、売上が全てではなく、エステティックを大切に思い、業界全体を健全に育てて行く考えを持った方が増えて行って欲しいと願っております。

エステトリートメント風景

サロンのメニューに関しては、コンプレックス改善テーマとしたものから大分健全な予防志向型メニューが増え、裏付けの疑わしい効果効能も、大分自粛されて来ていると見ています。

しかし、前述でも触れたBefore/Afterは、業界カタログ誌では今も多く掲載されています。

 

また、昨今は集客サイトやクーポンに振り回されたサロンに向け、FCに加盟すれば確実な集客が出来ると誘い、結果高額な機器などを購入させる業者が増えてきているように見受けられます。

 

経営や技術、集客方法を教える「塾」も数多く誕生してきています。

 

情報も多く飛び交っている今、本物を見極める『』が、そしてエステティックを永く大切に思う気持ちを持ち続ける事が必要な時ではないでしょうか。

 

vous propose

UN TRUC AUTHENTIQUE

『素晴らしくしようじゃないか、エステティック!』

 

来年に向けて、新たな視線でもう一度、振り返って見ては!

 

 

来年もこのブログ、エステティックに携わって40年、エステ伝道師 清水收一が伝える<本物のエステティックを知って欲しい>』を宜しくお願い致します。

 

皆さん、素敵な2019年をお迎え下さい!

 

まとめ

2018年は私にとって、このブログと「エステティック理論編」の教科書に追われた年でした。

これらを通して少しでもエステティックの普及と、業界の健全化のお役に立てればと願った一年でした。

エステティック業界に携わって40年。

謝意を何かの形で、お返しをこれからもして行きたいと思っております。

エステティック総合商社 株式会社サンク
         代表取締役会長 清水收一

〒168-0082 東京都杉並区久我山4-12-10 倉本ビル2F

TEL03-3332-1990  FAX03-3332-2039
https://cinq.jp  Mail:esthe@cinq.jp

友だち追加

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です