日本のエステ業界 歴史と推移・動向

エステティック講習風景

Parisのエステティックスクールで学ぶエステティシャン達

エステティックに携わって40年、エステ伝道師 清水收一が伝える<本物のエステティックを知って欲しい>

日本のエステ業界 歴史と推移・動向

日本のエステティック業界の歴史を振り返って見ましょう。

日本におけるエステティックの歴史は、1905年(明治38年)に理美容師の柴山兼太郎氏がアメリカの生理学者ドクター・W・キャンブルー氏に学んだ、フェイシャルマッサージを自身が経営する「理髪店」で導入したことから始まります。

そして、1952年(昭和27年)フランスでソワンエステティックを学んだ柴山みよか氏(兼太郎氏の実娘)が、日本で本格的なエステティックサロンを開業。

柴山先生は、後の日本エステティシャン協会会長に就任されます。

ここから、2010年までの日本のエステティック業界の動きと関連した出来事を、私の私見で年表にして纏めてみました。

 

ビューティーワールド

日本でのエステティック年表とヨーロッパ・エステとの比較

日本におけるエステティックの資格認定推移を、ヨーロッパ諸国と比べて見ています。

 日本のエステティックヨーロッパのエステティック(フランス・ベルギー)
1905年理美容師の柴山兼太郎氏が横浜にある自身の理髪店に『美顔術』として導入。
1946年第1回CIDESCO大会ベルギー・ブリュッセルで開催
1949年エステティシャン国家資格法案を提出(仏)
1960年ワコールから「ゴールデンプロポーション発表」(ワコール人間科学研究所)
審美容サロン(沖縄出身歌手 中曽根美樹代表)が全国展開
1963年フランス文部省 7月30日 C.A.P.制度(職業適性証明書)スタート
1970年ベルギー(エステティシャン資格制度制定)エステティシャン全国連合と国務院・中小企業大臣・農林大臣とで基本法案を作成し国王ポードワン1世により発令
1972年CIDESCO日本支部認可・日本エステティシャン協会設立
1975年B.T.S.資格制度(仏)
1978年日本全身美容協会設立(たかの友梨 新大久保に1店舗OPEN)
1979年ワコールから「ビューティプロポーション発表」年代別しゅるえっと作り
1980年第34回CIDESCO国際会議日本で開催(東京)
アートネイチャー・アデランス エステサロン展開始まる。
1981年(ソシエdeエステ銀座 OPEN)
1982年株式会社サンク設立
1985年INFA国際エステティック連盟日本支部発足B.T.S.P.資格制度(仏)
1986年日本エステティシャン協会通信教育開始
1987年全日本エステティック連絡協議会発足
シデスコニッポン国際大会開催
シデスコ試験官来日、日本で国際試験開始
1988年厚生省生活衛生局がエステティック業界の現状調査を実施
1989年日本メンズサロン協会発足(全理連)
1991年(アメリカで肥満が始まる…湾岸戦争勃発)
ファット・ファーム展開始まる(後のDaySPA)
1992年財団法人日本エステティック研究財団設立
ワコールから「ゴールデンカノン発表」(日本人の理想の体型を67のバランスで構成・指数化)
1993年名古屋女子短期大学キャンパス内にエステサロンがOPENエステティシャン資格制度改正(ベルギー)
1994年自主基準だが「標準契約書」が作成
1995年全日本全身美容協同組合設立(日本初の組合)
2000年フランス・ソシオエステティシャン国家認定
2001年日本エステティシャン協会が日本エステティック協会に改名
2002年日本エステティック協会設立30周年記念大会開催
ニホンエステティック業連絡協議会が日本エステティック業協会(AEA)に改名
2003年日本エステティック協会 新技術者認定試験開始(TEA)
経済産業省「エステテュック産業の適正化に関する報告書」をまとめる

2004年日本エステティック業協会 技術者認定試験開始
NPO法人「日本エステティック機構」設立
2005年「エステティック産業の認証に関する研究会」発足
2007年「エステティックサロンの認証制度の在り方について」報告発表
2008年日本エステティック協会35周年大会開催リーマンショック(世界経済暴落)
2009年58回CIDESCO世界大会、京都で開催

日本では各協会が自主的に養成教育や協会認定制度を設けていますが、未だフランスやベルギー、イギリス、ドイツなどヨーロッパ各国と比べても監督官庁が定まらず、2010年以降「エステティック認証機構」が出来たとはいえ、その資格認定を持っていないと仕事が出来ないといったような、諸外国並みのエステティシャンのオフィシャルな認定資格制度に向かっての動きが見えて来ないのが我が国の現状です。

悩めるエステティシャン

日本では国家資格制度って、無理なのかなぁ・・

関連記事として

まとめ

エステティックの先進国は、従事するエステティシャンの国家資格制度や代行団体の認定制度を導入しています。

最近では日本より遅くスタートした韓国も、国家認定制度を導入致しました。

日本では監督官庁が定められていませんが、この40年の歩みをざっと記載して見ました。

この歩みを通して、現在、そしてこれからを考えて頂ければ幸いです。

私も、そして株式会社サンクも同じ期間を業界と共に歩いてきました。

『素晴らしくしようじゃないか、エステティック!』

ご一緒に力を合わせて、業界を育てましょう。

何かご質問など御座いましたら、下記までお問い合わせ下さい。

エステティック総合商社 株式会社サンク
         代表取締役会長 清水收一

〒168-0082 東京都杉並区久我山4-12-10 倉本ビル2F

TEL03-3332-1990  FAX03-3332-2039
https://cinq.jp  Mail:esthe@cinq.jp

友だち追加

 

 

       

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です