エステ、効果的なカウンセリング、流れと目的

 

エステ・カウンセリング風景

エステティックに携わって40年、エステ伝道師 清水收一が伝える<本物のエステティックを知って欲しい>

エステ・フェイシャル基本と効果

エステ・アンチエイジング効果

エステ、お肌の曲がり角と老化予防効果

矛盾した美容方法にストップ

エステ、効果的なカウンセリング、流れと目的

エステサロンに来店されたお客様が、安心してサロンのリピーターに成ろうと決める要因に、エステティシャンのカウンセリングシーンが重要なポイントと成って来ます。

エステティシャンの会話や発言が信頼に繋がり『新客』⇒『固定客』⇒『常連客』への誘導に大きく関わって来ます。

 

カウンセリングの流れと目的

施術前カウンセリング①

(目的)

来店目的(フェイシャル・ボディ・脱毛・ブライダルなど)に沿った専用のカウンセリングシートを基に、ご要望や悩みを具体的にお聞きします。

・初回は30分~1時間を目安に、問診・視診の上、シートに記入します。

(効果)

熱心に話を聞くことで、『受け入れてもらっている』という安堵感を与える事が大切です。

エステ・フェイシャル、カウンセリング風景

施術ルームにおいて、再度、視診・触診を交えてカウンセリングを行います。

施術前カウンセリング②

(目的)

お客様の情報を基に施術ルームでお着換え後、再度、視診・触診・問診を経て、施術内容を組み立て、トリートメントに入る前に、施術内容と時間、料金などを分かりやすく説明し確認及び同意を頂きます。

・施術中の不快感や違和感は、直ちに申し出て頂くよう伝えましょう。

お客様にデメリットと思える事項が有れば、事前に必ず伝えて承諾を得るように。

(効果)

サロンや施術に対する安心感、信用を与える。

施術中カウンセリング

(目的)

施術を通して、施術前カウンセリングで得られなかった詳細な情報を入手したり、お客様の主訴と症状の相違点などを確認します。

初回は特に施術や技術者への不安と緊張を抱えている場合が多いので、話すタイミングや声のトーンなどに気配りが必要です。

・肌や身体の状態を触れながら、施術を通して確認、判断する。

・必要に応じて手順や方法、目的・効果などを伝えながら進める。

(効果)

不安、緊張を解き、お客様自身にご自分の状態を正しく理解して頂く。

施術後カウンセリング

(目的)

施術後の実感やお手入れの感想を伺います。

この確認はお客様にケアの必要性を感じて頂くだけではなく、エステティシャンにとって施術が的確であったかどうかの判断にもつながります。

・施術後の変化を実際に触れて実感して頂きます。(鏡なども使用)

・お客様の感想や表情から、施術に対する満足度を推察します。

・お客様の来店目的を念頭に置き、施術内容(使用化粧品、目的、効果など)を振り返りながらホームケア及びサロンケアの重要性、必要性を伝えます。

・サロンへの来店頻度、間隔、施術の方向性を提案し、目的に添った目標を立てを行い、エステティシャンとお客様が同じ目標に向かって取り組む姿勢を持つようにします。

・サロンに通って頂く場合のサービス提供の回数や期間、予算などをお伝えする。

お客様の事情や意思を尊重しながらサポートする姿勢が重要です。

アフターカウンセリングを書面に記載している風景

施術の方向性やホームケアにおけるアドバイスなどは、必ず書面でお渡しします。

・上記の内容を必ず書面でお渡しする。

・帰宅後、施術部位に何らかの異常が生じた場合は、自己処理せず速やかに連絡頂くように伝える。

(効果)

サロンケアやホームケアの必要性を感じてもらい、お客様自ら、問題に前向きに取り組んで解決しようとする気持ちを抱いていただく。

 

効果的なカウンセリングの為に

カウンセリングルームの環境

[エステでのクロージング力を身に付けて営業力を高める]でも記述しましたが、カウンセリングは、お客様が落ち着いて悩みを相談できるよう、リラックスできる環境を心がけましょう。

部屋の広さ・色調やBGM・香り・証明の明るさなどに気を配り、周りの話し声などが聞こえないよう環境を整えましょう。

座る位置

カウンセラー(エステティシャン)とお客様の座る位置は、自然に会話できる

距離を保ち、机の角を挟んで椅子を置く事が理想です。

正対で向き合うと、相手の顔を真正面から見ることに成り、抵抗感を持たれやすくリラックス出来ません。

 

守秘義務の告知

事前にエステティシャンはお客様の情報を他には漏らさない『守秘義務』が有ることを告げ、安心してカウンセリングや施術を受けて頂くようにしましょう。

カウンセリング風景

「守秘義務」を明確に伝えて、安心感を持って頂くことが大切です。

デメリットの説明

カウンセリングでは、エステティックサービスに関するメリットだけではなくデメリットがある場合は事前に説明することが大切です。

この場合は、マイナス面を先に伝えた後、プラス面を述べた方が全体的に良い印象が残ります。

「嘘」や「ごまかし」を言わず、エステティシャンとして誇りを持って臨みましょう。

 

 

カウンセリングがエステを制する』と、強く認識して下さい。

 

 エステティック専門総合商社 株式会社サンク
エステティック専門総合商社 株式会社サンク
https://cinq.jp/エステ・カウンセリング理論・効果、心理療法か/
素晴らしくしようじゃないか!エステティック! Cinq vous propose UN TRUC AUTHENTIQUE

まとめ

『カウンセリングがエステを制する』

施術によりお客様のご要望に応える為には、正確なカウンセリングによる情報把握と、施術の方向性・組み立てが大きなポイントに成って来ます。

その為にも、効果的なカウンセリングの流れと目的意識が大切に成って来ます。

そして、アフターカウンセリングにおけるアドバイスやホームケア指導が施術効果を高め、お客様の信頼に繋がって来ます。

カウンセリングの効果的な流れや目的に付いて、ご質問の有る方は下記までご連絡下さい。

エステティック総合商社 株式会社サンク
         代表取締役会長 清水收一

〒168-0082 東京都杉並区久我山4-12-10 倉本ビル2F

TEL03-3332-1990  FAX03-3332-2039
https://cinq.jp  Mail:esthe@cinq.jp

友だち追加

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です